からだ読書 ♯1 / つるやももこ

谷川俊太郎詩集『はだか』 

谷川俊太郎 著 
佐野洋子 絵 

筑摩書房(ISBN4-480-80275-4)

ある日突然、友人から送られてきた。 

包みを解くと、生意気そうな裸の女の子の絵。 

タイトルも『はだか』。 


 送り主とは出会って1年くらい。頻繁に会っているわけでもなく、お互いの下の名前に”さん”をつけて呼び合う遠からず近からずの仲。でも、話せば共感することが多く、彼女の芯の強さが素敵だなと思っていた。 

そんな彼女からの贈り物だった。 


薄紙で包まれたえんじ色の布張りの本のページをめくれば、漢字は1つもない。 

すべてひらがなで書かれている。 


 読み進めていくと目が、手がとまった。 



 ーうそでしかいえないほんとのことがある 



わたしは、この時、すっかり裏切られた気持ちでいたのだった。 

とある人のとあるうそに気づいて、消沈していたところだった。 

言葉は誠実でも、人の心の中なんてわかったものじゃない。 

人はうそをつく。だから手放しで信じるもんじゃない。 

そう思っていたら、この本が届いた。 



ーいっていることはうそでも

 うそをつくきもちはほんとうなんだ 



あの人は確かにうそをついたかもしれない。 

でも、うそをつく瞬間は、うそを超えて本気だったかもしれない。 

そう思ったら、もう、いいや、と思えた。 


そして、不意になんのメッセージもなくわたしにこの本を送ってきた彼女は、 

すごい人だと尊敬した。 


 そんな彼女は、しばらくして突然に子どもを宿し、ハワイに嫁にいった。 


わたしはといえば、すっかり元気になって、次の恋を待っている。 





0コメント

  • 1000 / 1000