Nā ʻŌlelo Liʻiliʻi ♯1 / 日高しゅう

Ānuenue(アーヌエヌエ )虹

「山側で雨が降っていたら、海側から虹が見られるよ」


長期滞在していたオアフで、毎日雨ばかりでいやになっちゃうな〜とぼやいていた私に、ハワイの友人が教えてくれました。


ハワイは秋から春のはじめにかけて、虹の季節を迎えます。

オアフでは、特に冬の朝早い時間には、ほぼ毎日虹が出ていると言ってもいいぐらい。 

ハワイではメネフネという小人たちが、赤い羽根やイリマの花など、材料(!)を集めて来て虹を作ったといわれています。

そして虹の色は6色。赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫。藍色がありません。

(虹の色は文化によって違うそう。もっと少なくて3色のところもあるようです。)

虹は神様や王族など、高貴な人の存在のシンボルともされています。 


本当にびっくりするほど虹が出るためか、ハワイ語には虹を意味する言葉がたくさんあります。


まずはĀnuenue(アーヌエヌエ)。

フラを習っている方には、おなじみの単語かも。ハワイアンソングやチャンティングにもよく登場しますね。

そして他によく使われるのが、Ao akua(アオ アクア)やUakoko(ウアココ)。

aoは「光」、akuaは「神」。uaは「雨」、kokoは虹の色を表します。また、Uakoko(ウアココ)には、「虹色の雨」や「地面スレスレの低い位置にかかった虹」という意味もあります。 


他にも、


ʻŌnohi(オーノヒ)虹のかけら

Ala moku(アラ モク)完全にアーチになっていない不完全な虹

Pūloʻu(プーロッウ)アーチ型だけれどはじが地面についていない虹

Kāhili(カーヒリ)まっすぐ上に向かって伸びる虹 


など、形状によってさまざまな異なる名前がついています。

変わったところでは、


Luahoana(ルアホアナ)/Luakālai(ルアカーライ)太陽や月の周りを囲む虹

Ānuenue kau pō(アーヌエヌエ カウ ポー)ムーンボウ

Hakahakaea(ハカハカエア)緑色の割合が多い虹


なども。

最後に、虹にまつわる伝説を。


オアフ島のワイキキからほど近い山側のマノアという場所は、雨が多く、虹がよく出ることで知られています。

そのマノアに住んでいたのが、Kahalaopuna(カハラオプナ)という名の虹の女神。とても美しい女神でしたが、カハラオプナが友人を誘惑したと思い込んだ嫉妬深い婚約者Kauhi(カウヒ)に殺されてしまいます。

ハワイではそれぞれの家族に守り神となる動物ʻAumakua(アウマクア)がおり、カハラオプナのアウマクアの白いフクロウPueo(プエオ)が、カハラオプナを蘇らせました。それをカウヒがまた殺して、プエオがまた生き返らせて… というのをなんと6回も繰り返したそうです。

最終的にカハラオプナはもう蘇ることはできなくなるのですが、それを悲しんでカハラオプナの母Tuahine(トゥアヒネ)が流す涙が、マノアに虹をかけると言い伝えられています。

ハワイ滞在中に虹が見られると、また戻ってこられるといわれています。

カンカン照りの夏のハワイもいいけれど、冬にハワイを旅してみるのもいいかもしれませんね。



Hōʻailona

こころとからだを旅するWEBマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000