風景を泡立てて。 ♯13 / 須堂智子

新しい季節
Seasonal greetings

3月の末に新しい土地へ引っ越しました。

神奈川県西部に位置する ここ秦野は、丹沢の山々が連なり渋沢丘陵が走る、自然に囲まれたのんびりとしたところです。


じつはずっと海の近くを探していました。

もう5年ほど前から。

サンセットや波の音。暮らしの中に溶け込む海のある景色を思い描いていました。

これまでもいくつかここという場所との出会いはあったのですが、決定には至らず。

憧れにも似た思いで海辺を歩いていた日を思い出します。

海あるところではありませんでしたが、山々に囲まれて穏やかな川が流れ、空広く ほとばしる綺麗な湧き水、その美しさにノックアウトでした。それからほどなくここが私たちの新天地に。

その昔 学生時代に父の転勤で京都に住んでいたことがあります。

当時はよく家族で大文字山に登ったり 大晦日にはお寺を巡り参拝したり。京都は今でも家族との時間を過ごした大切なところです。


不思議なことに、ここ秦野のおうちからは弘法山がよく見えて、少し歩くと水無川があります。その景色は京都の大文字山と鴨川によく似ていました。神奈川唯一の盆地だったり、京都と似ているところも多い秦野。この土地と出合えたことで、亡き父を感じ、どこか心強く思えたことも、大切にしたい感覚でした。

引っ越しは思っている以上にエネルギーが動くことで、流れ出すと新しき蕾が開く。数週間前から、庭の木々のグリーンが濃くなり、 伸びやかに育つ葉のざわめきの音が、その成長を、季節の移ろいを教えてくれているように感じています。子供達もその緑と同じように、日に日にこの土地に溶け込んでいきます。


気持ちよさや心地よさを教えてくれる自然は母の存在そのものだなと、日々私も教わっているところです。

今年の夏は、ハワイへ旅に行こうと思っています。

戻ってきたらここ秦野で、ホーアイロナと一緒に企画するワークショップも行いたいと思っているところです。詳細はあらためて。そのときはぜひこの土地と緑に会いに来てください。



Hōʻailona

こころとからだを旅するWEBマガジン。

0コメント

  • 1000 / 1000